安く、セキュアに、省人化・無人化 顔認証QRコード錠なら、かおにん kaonin 顔認証電子錠システム

安く セキュアに 省人化・無人化 顔がQRコードに そして鍵になる  顔認証電子錠システムなら Kaonin「非接触」 ホテル、スポーツジム、介護施設などで簡単導入

特徴


「顔認証」と「QRコード」のいいとこどり
顔情報をQRコード化した
「顔認証電子錠システム」 Kaonin かおにん は、
こんな要望・課題を解決します

解決・安心 その1

省人化・無人化を推進したい

物理的な鍵ではないので、対面での鍵の授受が不要です。また、鍵の紛失を心配する必要もなく、面倒な鍵の管理から解放されます。そのため、スタッフの省人化、さらには、店舗・施設の無人化への発展も可能です。
万が一、ユーザー側の紛失などでQRコードが外部に漏れてもユーザー本人の「顔」がないと入口ドアを開けることができないので安心です。

紛失してもスグに再発行
スタッフの省人化・無人化
解決・安心 その2

導入・運用の費用を抑えたい

Kaonin かおにん は、 登録時に、ユーザーの「顔情報」をQRコード化し、独自の「識別番号」を付与、QRコードを生成・発行します。QRコードは、システムに保存しないので、大容量のサーバーとデータベースの構築が不要です。そのため、導入・運用費用が抑えられます。
また、入口ドアには、カメラとQRコードリーダが一体となったパネルを提供しますので、個別構築に比べ、導入・運用費用が抑えられます。

顔QRコード発行→認証まで
解決・安心 その3

セキュリティも安心

Kaonin かおにん は、QRコードを発行する際、サーバーや端末に「顔情報」や「QRコード」のデータを保存しません。QRコードは、ユーザー自身が所有するスマートフォンや、印刷された会員カード、社員証などで管理します。そのため、事業者側から「顔情報」および「QRコード」が外部に漏れる心配がありません。
QRコードは、見た目は通常のQRコードと同じですが、1つのコードで、「公開部」と「非公開部」の2つの管理レベルの情報を持ち、データ読み取り制限機能を持ったSQRC(※)を使用。セキュリティにも配慮しています。

2段階の認証。施設の入場~居室の入室

<顔認証+ Kaonin識別番号の2要素認証>
見た目は1つの同じQRコードですが、Kaonin識別番号と各種予約・管理ソフトと連携させることで、
①関係者全員が出入りできる鍵、②特定者のみ出入りできる鍵になります。

※ SQRCは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

<特徴>

  1. 通常の「情報領域」(公開部)とは別に、「カギをかけられる情報領域」(非公開部)にデータを格納できます。
  2. 非公開部のデータは、暗号キーを設定した特定のQRコードリーダーでのみ、読み取りが可能です
  3. SQRCの見た目は、一般的なQRコードと変わりません。そのため、見た目だけでは、SQRCなのか一般的なQRコードなのかは、判別できません。

利用例


ユーザー識別で入退室を管理。
さまざまなシーンで利用可能。
各種API連携

  • ホテル

    ホテル

    ホテル・旅館・社員宿泊施設 etc

    1. 会員登録時に顔QRコードを発行
    2. フロントで顔QRコードをかざしてチェックイン
    3. 顔QRコードがそのまま部屋のカギに

    ※PMSとのAPI連携が必要です
    ※延泊にも対応しています

  • スポーツジム

    スポーツジム

    会員管理システムと連携させて、カラオケ・スポーツジム・コンビニなどの省人化・無人化

    1. 会員登録時、顔QRコードを発行
    2. 顔QRコードをかざして入店
    3. (精算後)顔QRコードをかざして退店

    ※会員管理システムや精算システムとのAPI連携が必要です

  • 介護施設

    介護施設

    介護施設・病院・学校・保育園でのセキュリティ強化、オフィス・工場での出退勤システムと連携

    1. 顔QRコード付き社員証を発行
    2. 各ドアに入室権限(役職・時間など)を設定
    3. 出退勤や入室記録を自動管理

    ※出退勤管理ソフトとのAPI連携が必要です
    ※ソフトとの連携がなくても、解錠記録はログとして記録されます

  • コンサート会場

    コンサート会場

    チケットに顔QRを組み込むことで、コンサートや展示会での入場時の「なりすまし」対策にも活用できます。

システム構成


Kaoninシステム構成イメージ

製品比較


  一般的なスマートロック 簡易型QRコードキー 顔認証QRコード錠Kaonin
認証要素 1要素(ICカード等) 1要素(QRコード) 2要素(顔情報 + QRコード)
なりすまし防止 × ×
通信 ×
入室履歴 ×
予約システムとの連携
予約変更の対応 ×

価格


kaonin価格表

Kaonin
(QR顔認証)
(KN-MK01)
制御PC1台につき 月額30,800円(税込) ※制御PC1台でKaonin1台と
Kaonin-mini複数台設置可能
月額費に含まれるもの ・Kaonin筐体 1台
・制御用基板(EL-CB01)
・基板BOX
・各種ハーネス
・POEHUB
・制御PC(KN-1000U)
・保守
Kaonin1台目は無償提供!
筐体2台目~は購入となります。
(筐体1台16.5万円税込)
Kaonin-mini
(QR錠)
(MG-MKN01)
制御PC1台につき 月額16,500円(税込) ※制御PC1台で複数台設置可能
 
月額費に含まれるもの ・Kaonin mini筐体 1台
・制御用基板(EL-CB01)
・基板BOX
・各種ハーネス
・POEHUB
・制御PC(KN-1000U)
・保守
Kaonin mini1台目は無償提供!
筐体2台目~は購入となります。
(筐体1台5.5万円税込)
 
オプション
 
  ・顔認証QRコード生成/発行PC
 (導入先PCが使用出来ない場合は
 必要となります詳しくはご相談下さい)
・QRコード印字プリンター ・Kaonin 入室管理システム
 月額5.5千円(税込)
  • Kaoninは制御PC1台を1契約とし、1契約月額30,800円(税込)
  • Kaonin miniは制御PC1台を1契約とし、1契約月額16,500円(税込)
    ※KaoninとKaonin miniの併用時は別途お問合せください。
  • 導入には別途工事費が掛かります。
    (1施設1台目約16.5万円税込 2台目からはプラス5.5万円税込となります。)
  • 外部システム連携につきましては別途お問合せください。
  • 錠前(電子錠及び電磁錠)は含まれておりません、詳細別途お問合せください。
  • 筐体のみ2年以内に故障時、筐体1台のみ1回無償交換いたします。
    ◎予告なく筐体およびシステムの仕様が変更になる場合がございます。
期間限定で通常別途月額5,000円のKaonin入室管理システムを無料提供中!!!

※期間限定となります。お早めにお問合せください。
※入室管理システムとは、利用者に対し各ドアに利用時間・期限などの制限を持たせることが出来るシステムとなります。予約システムではありません。

仕様


  • Kaonin(KN-MK01)
  • Kaonin(KN-MK01)仕様概略

    商品名 Kaonin
    型名 KN-MK01
    種類 カメラ付きQRコード読み取り装置
    外形寸法 高さ140×幅100×奥行45(mm)
    材質 ABS樹脂
    ブラック
    電源仕様 入力24V ※専用制御BOXより給電
    認証媒体 顔情報・QRコード
    対応電気錠 自動ドア・各種電気錠 ※1
    カメラ部 オートフォーカス 100度レンズ
    インターフェイス ・専用制御BOXとの接続には、Cat5e以上のLANケーブル(別売)と専用USBケーブル(付属品)が必要です
    ・専用制御BOXとの設置距離が5m以上離れる場合、専用USBケーブルの代わりにLAN変換コネクタによる接続が可能です

    ※1 対応メーカー・品番はお問い合わせください

  • Kaonin-mini(MG-MKN01)
  • Kaonin-mini(MG-MKN01) 仕様概略

    商品名 Kaonin-mini
    型名 MG-MKN01
    種類 QRコード読み取り装置
    外形寸法 高さ175×幅72×奥行26(mm)
    取付可能扉厚 33~51mm(以上~未満)
    材質 読込部:アクリル樹脂 筐体部:ABS樹脂 その他:ポリカーポネート樹脂、シリコンゴム等
    ブラック・シルバー
    電源仕様 入力24V ※専用制御BOXより給電
    認証媒体 QRコード
    対応電気錠 各種電気錠※1  推奨:㈱GOAL社/EURPシリーズ
    インターフェイス ・専用制御BOXとの接続には、Cat5e以上のLANケーブル(別売)と専用USBケーブル(付属品)が必要です

    ※1 対応メーカー・品番はお問い合わせください


お問い合わせ


  • kaonin 顔認証電子錠システム

    ■フリーダイヤル
    0120- 021かおにん-633

    (対応時間 月~金 9:00~17:30)
  • ■メール
    kaonin@mimasa.co.jp

    ※メールでお問い合わせ頂く際、下記内容を記載ください
    1. 貴社名
    2. 氏名(ご担当者様のお名前)
    3. メールアドレス
    4. 電話番号
    5. 資料請求の希望、または、問い合わせ内容

【保守・メンテナンスに関するお問い合わせ】

  • ※ソフトの不具合については、基本的にリモート操作によって対応させていただきます。
  • ※ハードの不具合については、(現地)修理対応もしくは同機種の発送対応となります。
  • ※保守・メンテナンスに関するお問い合わせは、ご購入者様に、別途、ご案内します。